保育ICTシステムなら業界No.1のコドモン!機能充実で保育士業務負担軽減を実現

この記事がおすすめな方
  • どの保育ICTシステムを導入すればいいか迷っている
  • 保育ICTシステムでできることを知りたい
  • 業界No.1の導入実績をもつコドモンについて知りたい

こんな方向けの記事です!

こんにちは!保育事務歴8年のmeiです。

保育業界にもとうとうICT化の波が押し寄せております。

うっさ

保育業界はびっくりするほど手書きの文化が残っているね。

りっす

ICT化すれば保育士さんの業務負担が軽減・効率化ができて、働きやすい職場が実現できるよ!

保育のICT化をするには、まずはICTシステムを選ばなければなりません。

mei

保育ICTシステムの会社はたくさんあります。その中から「コレ!」と選ぶのは結構大変…

この記事では、業界No.1の導入実績をもつ「コドモン」の実際の口コミ・評判、機能の紹介、メリット・デメリットをわかりやすく解説します。

うっさ

コドモンを導入して保育の質を高めよう!

目次

業界No.1!コドモンの機能をサクッと解説

コドモンにはICTならではの魅力的な機能がたくさん詰まっています!

手書きではできなかったリアルタイムでの画像の共有や、登降園のアプリ連絡など、保護者にとっても保育者にとっても助かる便利な機能をご紹介します!

保護者向け機能
保育者向け機能
  1. 登降園機能
  2. 保護者連絡(連絡帳・おたより配信)
  3. バス運行管理
  4. 写真販売
  5. 動画配信
  6. 連絡帳製本
  1. 帳票作成
  2. シフト管理
  3. 口座振替代行
  4. 給食管理
  5. データあんしんパック
  6. 保育ドキュメンテーション

一つずつ詳しく説明していきます。

保護者向け機能

まずは主に保護者に向けた便利な機能から見ていきましょう!

①登降園機能

保護者の方に登園時打刻してもらうシステムです。

打刻時間は同時に記録・共有され、クラス別の出席簿などが自動的に作成。

園児の出欠確認漏れなどのリスクが防げます。

うっさ

今までのような手書きだと転記ミスが必ず起こってしまってけど、システムならそんな心配は無用です!

りっす

登降園機能はシステムが一番得意とする分野だね!

登降園時間の打刻が自動化されるもう一つのメリットとして、延長料金の自動計算があります。

人の手だとどうしてもミスは避けられませんでした。それがもとで保護者との信頼関係が崩れてしまう、なんてことも。

コドモンなら延長時間や料金を計算する必要がありません事務作業のかなりの効率化が実現できるんです。

mei

登降園機能は、今ではなくてはならない機能です!

②保護者連絡(連絡帳・おたより配信)

ICTシステム導入前は、朝の電話対応に多くの時間が取られていました。

コドモンなら保護者からの欠席や早退の連絡はアプリで受付できます。

アプリなら同時に職員全員で共有できるので、伝達漏れも起こりません。

mei

この機能でコロナ禍の大量の欠席連絡も乗り切れました!

園だより・クラスだよりなどのお便りも、アプリを使って一括配信ができます!

うっさ

どうしても読んでほしいお便りは開封したかどうかを確認できます。場合によっては電話すればOK!

③バス運行機能

天気や道路状況によってバスの運行時間が変わってしまう場合もありますよね。

そんな時にはバス運行機能が便利です。バスの位置情報をアプリからいつでもどこでも確認できます。

うっさ

雨の日や小さな下の子を連れてバス停留所で待ってるのって地味に辛い…。

そんなバス通園の保護者の方に人気のサービスです。

④写真販売(コドモンプリント)

コドモンプリントは園や施設内で職員が撮った写真を掲示・販売できるシステムです。

mei

保護者からの要望の多い「普段の生活の様子」を伝えるのに、とても有効ですね!

販売・集金・配送はすべて代行してくれるので、職員の負担が大幅に増えることもありません。

⑤動画配信

日々の過ごし方や行事の様子を動画で保護者に配信できるサービス

動画配信は安全性も気になるところ。コドモンなら外部に流出することなく、対象の園児だけが2週間限定で閲覧できます。

職員の手間もかからず、1クリックで簡単にアップロードできるので手軽に導入できます。

⑥連絡帳製本

保護者の方の中には、手書きの連絡帳を大事に保管するといった方も少なくありません。

アプリだと卒園したら消えちゃう?

コドモンならアプリの連絡帳を製本するサービスがあるんです!

mei

これは本当に画期的なサービス!!

しかも、注文受付・支払い・発送はすべてコドモンが対応販売差益は保育用具や消耗品購入に役立てることができます。

うっさ

保護者にとっても保育者にとっても嬉しいサービスだね!

保育者向け機能

次に主に保育者に役立つ機能をご紹介します。

①帳票作成

クラス日誌や月案など保育士の書類の多さには驚きです。

mei

園でやる時間はないからいつも家でやっている、そんな声も多く耳にします。

手書きだと修正に時間がかかってしまっていた分、コドモンならパソコンでサクサク作成。

帳票同士も自動連携しているので無駄な転記の必要がありません

また、指導案の例文を5,000以上掲載!入力時間が短縮できます。

②シフト管理

毎月のシフト管理に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

コドモンのシフト管理機能を使えば、必要配置数や公平性を考慮したシフトを素早く作成できます。

場面ごとに適した操作で簡単にシフトを組めたり、クラスや時間帯ごとの配置状況が一目でわかるようになります。

③口座振替代行

毎月の利用料や給食費、用品代などの保護者向けの請求を、園に代わって金融機関から口座振替で集金する機能です。

mei

集金って、料金の集計、集金袋の準備、現金の計算、入金など手間がとってもかかっていました!口座振替になって大幅に業務が効率化が実現!

保護者にとっても小銭を用意する必要がなくなったと好評です。

④給食管理

コドモンの園児台帳や連絡帳とワンストップで連携する給食管理サービスは、管理栄養士・調理師とも連携を強化するサービス。

「食」の見える化・一元化が図れ、給食環境がより良く変化します。

⑤あんしんパック

パソコンやインターネットに詳しくないとデータの漏洩などのリスクが心配ですよね。

コドモンの「あんしんパック」なら万が一の個人情報、機密情報漏洩やデータ消失などのリスクから守ってくれます。

情報漏洩など万が一の際には最大300万円の補償不正なアクセスを遮断したり、大事なデータが消えてしまった場合のデータの復旧も行ってくれます。

mei

大事な園児の情報はしっかり守りたいですね!

⑥保育ドキュメンテーション

あのベネッセコーポレーションと共同で開発したドキュメンテーションをわかりやすくシンプルに実践できるサービス。

「写真付きの日々の記録」を行うだけで、なんと一括で「日誌・掲示物・連絡帳・週日案」が作成されます。

うっさ

同じ内容を何度も記入する必要はないんだね!


掲示物も自動的にレイアウトされるため、写真の切り貼りなどの作業も不要。

現場の負担を最小限にしながら、保育ドキュメンテーションを実践できます。

mei

ぜひたくさんの保育者に使ってほしいサービスです!

コドモンの保護者からの口コミ・評判

一番驚いているのが保護者からの評判の良さです。

日々忙しい保護者の方から、コドモンにしてもらってメリットがたくさんあったと喜ばれています。

コドモン導入が園選びのポイントに

アプリ管理できるのが助かる

リアルタイムで園の情報がわかる

写真販売が好評

保護者の方は、「連絡がアプリで楽になった」、「写真販売が嬉しい」とコドモンに好意的な意見が多いです。

コドモン導入のメリット・デメリット

コドモン導入にはたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。

デメリット
メリット
  • 費用がかかる
  • 職員が慣れるまで時間が必要
  • パソコンやインターネットなどの設備強化
  • 電話連絡の激減
  • ペーパーレスの推進
  • リアルタイムでの情報共有
  • 保護者の満足度アップ

デメリットはあるものの、保育士の業務負担を軽減するという意味では非常に費用対効果が高いと言えます。

同時に保護者の満足度が上がれば、子どもが減っていくこれからの時代に園として生き残るためにも必要です。

また、費用はかかるというものの、国の補助金を利用できるケースが多数です。

補助金もいつまで継続するかわかりませんので、今のうちのICTシステムの導入を検討しましょう!

保育ICTシステム導入実績No.1のコドモンで業務負担軽減を!

今までの業務が激変する「保育ICTシステム」を導入するなら今がチャンスです。

保育園への導入実績No.1のコドモンは、保育業界に本当に必要な機能を揃えており、パソコンが苦手な管理者や保育者でも安心して使うことができます。

ICT化で業務にゆとりができれば、保育者の心と時間に余裕ができ、保育にも良い影響を与えるでしょう。

その結果、離職率の低下満足度の向上にもつながり、理想の園づくりができるようになります。

mei

早速「コドモン」でICT化に取り組みましょう!

\ランキング参加中/
ポチっと応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる