姉妹サイト子育て・投資情報は「りころぐ。」⇒CLICK!

【保育士必見】iDeCoで節税!私学共済「積立共済年金制度」と「iDeCo(イデコ)」比較

こんにちは。保育事務meiです。

突然ですが、みなさん税金対策してますか?

うっさ

税金?よくわかんないよ…

りっす

年々税金が上がっていく気はしてるけど…

よくわからないから何もしていない、そんな方も多いですよね。

少しでも税金対策をして手取り額を増やしたい。

mei

そんなあなたにおすすめなのがiDeCoです!

ただ、多くの私立園さんが加入しているであろう私学共済。

うっさ

私学共済に加入しているから入れないのでは?

そう思っている方向けの記事になっています。

mei

私もそう思って調べた結果、iDeCoを無事始めることができました!

目次

私学共済「積立共済年金制度」と「iDeCo(イデコ)」の比較

私学共済の積立や年金制度もとてもいいものです。

mei

個人的には、これも若いうちから入っておくとメリットがあります。

ただし、iDeCoのほうが、税制上のメリットが大きいです。

私学共済iDeCo
利用時手数料なし2,829円
最低積立金2,000円〜5000〜12,000円(※私学共済加入者の場合)
最低積立年数10年以上10年以上
所得控除(年間)最大40,000×10%=4,000円144,000×10%=14,400円
住民税控除(年間)最大28,000×10%=2,800円144,000×10%=14,400円
運用益非課税
受取時税制優遇10.21%退職金控除、公的年金控除
申込み先勤務先楽天証券、SBI証券など
予定利率1.25%0〜4%
リスクほぼなし多少あり
mei

手堅くいくなら私学共済、利益や税制メリットに期待するならiDeCo!

資金に余裕があれば両方に分散するのもアリです。

iDeCoを始めるには

iDeCoを始めるためには、まず国民年金基金連合会に園が「事業所登録」をする必要があります。

mei

まだ登録をしていない園は、事務にお願いしてみましょう!

mei

うちの園も私が初めてだったので、自分で登録作業をしました!

iDeCoを始める流れ

STEP
金融機関を決める

楽天証券がおすすめ!

申込後書類が送られてくるので、必要事項を記入して投函するだけ。

STEP
掛け金を決める

私学共済加入者の場合は最大でも12,000円(月)です。
5,000〜12,000円で無理のない範囲で設定しましょう。

STEP
運用する商品を選ぶ

申込み完了後、ネット上でiDeCoの商品の中から好きな銘柄を決めましょう。

まとめ

私学共済の積立共済年金保険とiDeCoは併用できます。

リスクを分散して老後資金は早めに準備するのがカギです。

mei

自分のお金は自分で守る!そういう時代です。

mei

もう少し詳しく勉強してみたい方にはこちら。

mei

40代、50代の方はこちらも参考になります。

mei

難しい話はイヤ!って方はマンガ形式で読みやすいですよ。

\ランキング参加中/
ポチっと応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる