姉妹サイト子育て・投資情報は「りころぐ。」⇒CLICK!

保育士辞めたい方が転職を成功させる8つのポイント

こんにちは。保育事務meiです。

うっさ

子どもは好きだけど…保育士を辞めたい、保育士は辛い…

mei

そう思っている方も多いですよね。

保育といっても施設によって待遇や雰囲気など本当に千差万別。

保育士を辞めてしまう前に、『他の園に転職する』ということも選択肢に考えてほしいと思っています。

本気で探せば本当に自分にあう園がきっと見つかります!

この記事を読んでほしい人
  • 子どもは好きだけど、保育士を辞めたいと思っている
  • 今の園が合わないと感じている
  • 職場の人間関係が辛い
  • 他の園も見てみたい
  • 転職に成功するためのポイントを知りたい

転職をすればこんな悩みも解消されるかもしれませんよ。

mei

私も3年勤めたブラックな保育園を思い切って退職したら、今のホワイト園に正社員で採用してもらえ、めちゃくちゃ楽しくお仕事しています!

mei

私の就活・転職の体験から、ホワイトな転職先を選ぶ転職に成功する8つのポイントも説明します!

目次

転職するメリット

転職には以下のようなメリットがあります。

  • 人間関係がリセットできる
  • 待遇のいい園を探せる
  • 収入アップをはかれる
  • 自分に合う園を選べる
mei

一つずつ見ていきましょう!

人間関係がリセットできる

保育士の一番の悩みは『人間関係』にあるかもしれません。

今まで働いた園でも少なからずグループ(小さな派閥)のようなものはありました。

mei

保育士といえど人間なので、合う合わないがありますよね。

転職すれば、まったく新しい人間関係をいちから作り上げることが出来ます。

待遇のいい園を探せる

やっぱりお休みは少ないより多いほうがいいですよね!

これも探してみると園によって大きな違いがあります。

求人票の見方を知らないことで損していませんか?

収入アップできる

ブラックな園ほど収入が少ない、そんなこともありますね。

mei

前職のブラック園の若い先生たちは手取りがフルタイムパートさんより少ないと嘆いていました…

入ってから給与交渉することはなかなかできません。

給与交渉などもできる派遣会社もありますので、入社前にうまく利用しましょう。

自分に合う園を条件で選べる

まず、これだけは譲れないという条件をピックアップしましょう。

  • 家から近い
  • お給料が高い
  • 保育方針が合う
  • お休みが多い など
mei

ここで今までの経験が活かせます!今の園と比べてもっと条件のいい園を選びましょう!

転職のデメリット

いまの園が合わないなら転職をおすすめしますが、転職にもデメリットがあります。

  • 新しい園を探すのが面倒
  • 今の園に退職することを伝えにくい
mei

これは『保育士専門転職サイト』や『退職代行』を利用することで解消できます。

保育士転職に成功する8つ園選びのポイント

転職に成功するには、ブラック園ではなくホワイト園を選びたいですよね。

実際に、両方を体験したことから、明らかにここが違う!という見分けるための重要なポイントがありました。

ホワイト園を選ぶ重要なポイント
  1. 保育時間が長すぎないか?
  2. 土日祝日も保育を行っていないか?
  3. 一時保育や支援センターなど手を広げすぎていないか?
  4. 正規職員と非正規職員の人数比率はどうか?
  5. 長く勤めている職員が多いか?
  6. 年間休日・有給の消化率はどうか?
  7. 休憩時間は取れるのか?
  8. 保育者が笑顔で楽しそうに保育をしているか?

ひとつずつ詳しく説明していきます。

保育時間が長すぎる・土日祝日も開所している・様々なサービスに手を広げている

これらは利用者目線では良い保育園と思われますが、現場の保育士は細かなシフト調整が必要となります。

スキマ時間をなんとかやりくりして人員配置している場合もあります。

mei

「ゆとりのある保育」は行えていませんでした。

正社員と(非正規雇用)パートの比率と離職率

そういう園は職員の不満も溜まっています。

そのため毎年の退職者も多く、大量の非正規雇用のパートさんで穴埋めするシフトが出来上がっていました。(④⑤)

年間休日数・有給休暇取得率は?休憩は?

職員が少なければお休みも多くは取れません…(⑥)

また、ブラック園では休憩時間もなく、私も仕事の合間にデスクでお昼を食べていました。それでも休憩時間分は引かれていました。(⑦)

保育者が楽しそうに笑顔で保育をしているか?

一番のポイントが保育者が笑顔で楽しんで保育をしているか?です。

mei

余裕のない所は保育者も笑顔がなかったり、挨拶がなかったり…

うっさ

見学に行ったときには見逃せないポイントだね!

mei

これが必ずしもすべてではありませんが、傾向としては間違っていないと思います。

うっさ

利用者にとって都合のいい園≠保育者にとって働きやすい園ということだね。

mei

そう。事前に確認できることは遠慮せず確認しておきましょう!

mei

すべてが完璧な園はなかなかないから「ここだけは譲れない点」を決めておくといいですね!

まとめ

保育園は自分で選べる時代です!

転職するにはデメリットもありますが、メリットの方が断然大きいです。

新しい扉を開いて違う世界を除いてみるのもいいですよ。

  • 「保育士辞めたい」「保育士は辛い」と思っているなら一度勇気を出して他園に転職してみよう!
  • 転職すれば今ある悩みが解消するかもしれません。
  • 転職のデメリットには専門家を頼って○
  • 譲れないポイントを決めておこう!
  • 転職に成功する8つのポイントを活用しよう!
mei

きっと別世界が待っているよ。

\meiおすすめの転職サイト/

ほいく畑なら

  • 地域密着型で地元の求人が探せる
  • 短時間・残業なしなど人気の求人が見つかる
  • 専任コーディネータがサポートしてくれる
【希望条件にピッタリな園が見つかる】ほいく畑

コーディネーターさんを挟まず直接自分で探したい方はホイクルージョブがおすすめです。

ホイクルージョブなら

  • 東京、神奈川、千葉、埼玉に特化した保育士転職サイト
  • 登録後は、直接園採用担当者へ匿名で質問OK
  • 応募前後もチャットでやりとりOK
  • 面接辞退もボタン1つでOK
【自分で納得、保育士の転職】ホイクル─ジョブ
\ランキング参加中/
ポチっと応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる